正谷 栄邦 (まさたに よしくに、1944年 - )

元日産の自動車クラブのひとつPMC・Sに所属していたアマチュアドライバーで、

スカイライン2000GT-R57勝のうち2勝(42、56勝目)を挙げた。

#52HT GT‐Rは元々千代間由親氏が初代オーナーで正谷に譲渡、田中博氏を経て現オーナーに


当時映像


レストア車

セミワークス 正谷 栄邦仕様

ノスヒロだったかセミワークスの正谷栄邦選手がライドしていたマシンが出てきて出来るだけ当時の状態で

レストアする と言う記事を見た。のちにDVDにてその雄姿を拝見致しました。”やっぱこれだ これでっせ!”

何から何まで当時に忠実に再現されていてフルとは言えないけれど筑波サーキットでの走りを見ることが出来ました。

”値打ちあるわ〜”と惚れ惚れします。

すべてのDVDを見たわけではないですが 元さんがRファクトリーさんのレーシングGT‐RにのってSUGOや

旧富士を攻めているのは圧巻でした、年取っても元さんは本気やな〜 と思う走りでした。

多くのインプレは旧車をいたわって走っているのか ソコソコに流しているようなものばかりでココロに来るものが

イマひとつのものばかり。当時の映像のレーシングGT‐Rは走りも機敏で今見ても迫力と速さが伝わってきます。

願わくば終盤RX‐3とバトルしているワークスGT‐Rの雄姿を見てみたい、当時は東京ローカルのTV東京で

放送されたのではないかと思います。前述にも書いたように青地さんのお話で当時のワークスKPGC10‐Rは

技術開発の流出を懸念してすべて潰したそうなので パワーユニット以外は多少存在するものの正谷車のように

完全なかたちで残っているものはかなり貴重な存在であり 理解あるユーザーの手に渡ってこのような当時の

ままで復活された事はハコスカファンにとって喜ばしい限りです。


あるショップがこの正谷車のフロントスポイラーとスタビを完全復刻した、値打ちある一品だ。


↑ 
当時通算50勝以降のワークスGT‐R 前後ブレーキ

------------------------------------------------------------

To be continued.


戻る