私の中で1:18ダイキャストモデルの王道はEXOTOであろうと思う。       ↓ MY COLLECTION の一部

GMPはこちら    

Shelby Collectibles

EXOTO       

Auto art 917   

ジョエフ         

NOREV         

Minichamps     

 1/43 GT-40    

Trans Am Mustang

Other Model    

Mclaren FI GTR 

1/43 Ferrari     


‘11 7月 Auto art からいよいよ1/18ダイキャストモデルにKPGC10が発売された。

今までは京商の独壇場だった市場に参入してくるのである。

まず京商モデル

そしてAuto art モデル

Auto artの映像で見る限り 京商よりクォリティは高そうだ。しかし先行発売が何で赤なんだ?

ハコスカのmodel colorはシルバーである事は疑いない、シルバーは8月発売らしい。

Auto art は 数を作るのでプレミアは付き難い、今までの京商は3万近い値も付いていたが

今後はそう言う訳にはいかないだろう。

------------------------------------------------------------

チョッと古いかもしれませんがプレステ2のグラツー4でR‐35コンセプトが出て来る、ご存知と思いますがグラツー4は

他のクソゲーのようにゲームならではの操作ではタイムが出ない、実車のようにセッティング、走行ライン、ブレーキング

などを行わないとタイムが出ない実に良く出来たゲームです。これのノーマルにスポーツタイヤのソフトのみを装着して

ニュルブルクリンク北コースのタイムアタックをやってみた。グラツー4の中でニュルのコースが一番データ取りをやって

いてメインのコースとなっている。

実にリアルで実際のタイムにも近い。現車R‐35GT‐Rは7分38秒54がベストラップタイムを出した、ゲームで何処まで

詰められるかやってみた。条件は完全フルノーマルでタイヤがスポーツのソフトのみ、まずその日のベストは

7分28秒675であった、ミスやコース取りが悪くもっと詰められそうだ。

またタイム更新したら告知します。皆さんもやってみてください。

☆‘01 R‐35コンセプト 455PS〜ベストラップ記録 最高速285km/h‘09 01/17 記録更新7分19秒708

このR‐35コンセプトの後にハコスカでニュルをトライしてみた、まずノーマルで走ったがやはり非力で比較にはなら

ない。次に何でも有りで出来るだけのチューニングをしてやってみると以外に7分22秒494が出せた。R‐35コンセプト

のハンドリングは切れ角が少なくゆったりしていて車重のせいかギャップやハイスピードでの安定性は抜群であった、

しかしブレーキングはしっかりと手前でやらないと曲がれなかったりする。対しハコスカはシャープな切れ味のハンドリ

ングでコーナーをビシビシ攻める事が出来るのでニュル後半の攻めでタイムが稼げる、しかし車重が軽いせいで高速

安定性がシビアでちょっとしたハンドル操作で車体の向きが変わってしまうのが難しいところだ。ゲームの上での話し

だが あと3秒を縮めるのはサスセッティングを煮詰めれば時間の問題だ。ゲームの上でも攻めがいの有る良いマシンだ。

☆KPGC10‐278PS〜ベストラップ記録 最高速261km/h7分22秒494

------------------------------------------------------------

‘08 12 / 29


SKYLINE 2000GT‐R {
Racing Version純正カタログ映像


・KYOSHOから 私的には待望の市販レーシングバージョン “カタログモデル”が発売されたようだ。


以前には1/43モデルがあったが 1/18もきっと出るとは思っていたが・・・

京商社内にもなかなかのスキモノが居るようだ。

現物入手 ↓ ¥14.490‐

蛇足ですがR32 NISMOプロトモデル 1/18もAUTOartから出ているようだ(ニスモフェスティバル限定)。


ミニカーモデルメーカーにもかなりのマニアが居るんじゃないかと思うモデルが中にあります。


              #57国光車 


     #58 黒沢車 #59都平車が無いのが寂しい


  プロジェクトX放映以来すごいプレミアが付いている     1968 R381 クーペ GROUP 6 プロトタイプ が出た時は驚いた


                                         レインを履いていた国光車 追い上げも届かず2位


     #2北野車だけがワイパートラブルに泣いた            ドライタイヤを履いていた黒沢車#3 優勝


                                      50勝目の途中までトップを走っていた#16都平車 
                                      発売当時人気が無かったようだが今結構なプレミアが付いているようだ。


               再販モノ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


     このブラウンを出すとはマニアが居たもんだ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これはまったく関係ないです シャレがきいててこういうの大好きです

------------------------------------------------------------

R380

R380‐T

R380‐U

R381‐T

R382

R383

------------------------------------------------------------

その他関連



戻る