FTR250 G (MD17)

H25 10/01 現在

FTR250Gもゴソウダンパーツの波が続々と忍び寄って来ています、外装はもとより電装 エンジンに至っては

各ブロックパーツ(ヘッドカバー、ヘッド、クランクケース及び両側カバーなど)生廃となっています。

ブレーキペダルまで有りません。ただオーバーホールは可能です。

コレは気に入っているので永く乗りたいと言うユーザーさんはオーバーホールなどお早めに。

パーツが無ければ流石に直せない事も有り得ますので。

それとオークションなどで部品取りとしてエンジンASSYの購入をお勧めします。

------------------------------------------------------------

FTR250Gのオーバーホール紹介

------------------------------------------------------------

FTR250G フロントブレーキディスクアタッチメント 完成


遂に構想通りにアタッチメントが完成致しました、前にも告知した通りFTR250Gのフロントブレーキディスクは

生廃でディスクプレートが痩せてしまえば流石天下のホンダでも流用では合うものが無いのがネックでした。

幸いホンダオフロード系は昔より取り付けピッチが共通で変わっておらず そのディスクを取り付け出来る

アタッチメントを作れば安泰だ。我が試乗車シュラウド佐西号も現在バイカーズ仕様になっておりフロントホイルは

FTR250Gのを流用で付けています。強度を確保する為にジュラルミン材を削り出し肉厚を確保。そしてディスク板の

取り付け穴の強度や熱伝導率アップにはGHA加工を施しました。そして重量258gと言う軽量で丈夫なアタッチメントが

完成致しました。セットはアタッチメント、ディスク取り付けボルト×4、ロックナット&ワッシャ×4 です。

ハブの取り付けボルトはノーマルをお使い下さい。

ディスクは純正でも良いし 外品のウェーブタイプでも御自分でチョイスして下さい。現在残り1セットのみです。


ノーマルホイル&ディスク


アタッチメント取り付け


ディスクプレート取り付け(このプレートはすでに生廃パーツです)


FTR250G用フロントディスクアタッチメント・・・¥11.200- 税込価格¥11.760-

完売御礼 製作終了

------------------------------------------------------------

FTR250も私の記憶には古くは無いのですが‘86年と随分たったものです。

純正パーツもかなりサブくなってきています、大事に乗り続けたい方は毎月少しづつでも良いので

スペアパーツを買い込むようにしておいた方が良いと思います。

ここ最近 FTR250の問い合わせが多くオーバーホールなどの依頼も増えています。

ご存知の通り XLR250R,XR250R(ME06)と同形式のRFVCエンジンですので

同様のオーバーホール,チューニングが可能です。

当店に立ち寄りのFTR250の多くは エンジンノイズが大きいモノが多く おそらく

ロッカーアーム&カムシャフトが削れていて その削れた金属粉がエンジン内に回り

オイルポンプ,ベアリングなどにも悪影響が及んでいるものが大半です。

ここまでの年式のものを大事に乗っている方は 今後も末永く乗っていこうと言う方だと

思いますので 様々な手法を紹介してみましょう。

------------------------------------------------------------

このエンジンのウィークポイント

・今のRFVCエンジンに比べ 各パーツユニットの釜圧が低いので何度も分解整備していると

 雌メジがナメやすい。6mmボルトクラスは0.7kgf・m,8mm→1.6kgf・m,10mm→4.5kgf・mまでの

 トルクに留めておく。

 それでも 雌ネジがボケた場合はヘリサート加工で修復が出来ます。

・また 初めてエンジンを開ける場合はヘッドカバーボルト ヘッド&シリンダースタッドが固着している

 モノが多いので 緩める前にボルトのアタマにショックを与えておくとそのトラブルも多少は回避できる。

 特にヘッドカバーボルトはノーマル(ヘキサフランジ型)から 8mmフランジ型に変更しておくと後々そう言う

 トラブルを回避できる。→対策パーツ有

 ヘッド&シリンダースタッドが固着し折れた場合が一番厄介である、何とか取れれば良いのですが

 最悪の場合 シリンダー交換を覚悟しておいた方が良いでしょう。

 それとノーマルスタッドは基本的に新品交換が基本です。対策パーツ有

 もしシリンダー交換の時はボケにくい釜圧のシリンダーがありますが色がシルバーになります、

 これも純正耐熱スプレーがありますので同色に出来ます。(ちなみにこのシリンダーはFTRノーマルよりも

 安価です)

また 画面左上の6mmスタッド雌ネジが定番ボケやすい、シリンダーにニジミがあればまず間違いなく

ボケているといって良いでしょう。→対策パーツ,加工有

・またがって左エキゾースト側のロッカーアーム,カムシャフトが熱が溜まりやすく削れが出やすい。

 これに対しても対策パーツ,加工があります。

・この当時のカムベアリングにはメタル式のシールベアリングが採用されています、これは現在使用されています

 シールベアリングよりも 密閉性が落ちるので右側だけでも新型に変えておきたい。

・ドレンですが アタマ17mmが使われていて締める時にナメたり ケースにクラックが入ったりと

 トラブルが多発!アタマ12mmのドレンに交換しておきたい。

・新車よりクラッチ交換していない方に。この年式のクラッチはジャダー防止の為に↓映像のような

 ピッチが細かいパターンのクラッチが入っています。圧着が甘く タッチもグニャーとしていますので

 耐熱、耐摩耗性が高いFCC素材のクラッチディスクがありますのでお勧めです。

・キック仕様の場合 キック1ストローク当たりピストンの動きが遅いので良くケッチンや掛かりにくい。

 XLR250Rの最終型などのパーツを使えば始動性が格段にアップする。

 また ME06のデコンプカムに入れ替え マニュアルデコンプを装備すればどんな状況でも楽々始動。

 (同時にオートデコンプは外します)

・よくブン回す方 暖機をしない方に多く見られるヘッドのプラグからエキゾーストポートへのクラック。

 対策ヘッド⇒生廃 もしくはME08換装も可能。

↑上記の対策ヘッドが無くなった以上下記↓のヘッドに入替えしか対策は有りません。

・ME08ヘッド換装可能 →ME08のヘッドを加工することでボルトオンが可能

ME08ヘッド単品加工済み
・ME08ヘッド⇒ME06化(29mm)

・ヘッドASSY (ME08・MD30共用)
・バルブステムシール 
・インレットバルブ
・エキゾーストバルブ 
・バルブアウタースプリング 
・↑ 〃 インナースプリング 
・リテーナー
・スプリングシート
・コッター 
・エキゾーストスタッド 
=加工=
・スタッド採寸加工ME06用(ヘッド側)
・バルブ擦り合せ

小計)¥90.180‐(税別) H25 10月現在

メリット:

旧タイプと比べ ポート形状が改良され吸入効率アップ 材質アップで雌ネジがボケにくい。

フィン並びに表面積が大きいのと 未塗装で冷却効果大。

バルブが軽量でそれに付随するバルブスプリング リテーナーも軽量(アクセルレスポンスアップ)

プラグサイズ(D→C)及び位置を変更する事により エキゾーストポートとプラグ間の肉厚を確保しクラック防止。


=パワーユニット=

オーバーホール時に支障が出ている場合 どうせならME06パーツがパワーが上がりますので

お勧めです。(例:ME06カムシャフト,ピストン9.3→10.3レシオ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

番外編

ユーザーの感想 〜 しのっちさんから

FTR250を購入時に既にヴァイタルさんによるエンジンオーバーホールを兼ねた

ハイカム仕様だったので20年前のバイクでしたが安心して購入しました。

その後、主にPJキャブレター、軽量フライホイール、点火進角加工等をしました。

これでエンジン全体がバランス良く仕上がりました。

「PJキャブレター」

PJを購入する前は、以前乗っていた車両のFCR33Φがあったのでロードレース用(高回転のみ)と分かって

いましたが駄目元で取り付けてセッティングをしましたが低中速の繋がりが加速ポンプに邪魔されて

「ガソリンに灯油が混じってる?」と言う具合です。(ギクシャク、ギクシャク、ボボボ〜。 プスッ!)

普通程度なら走れるのですがベストは出ません。ニードルを15セット試しましたが、まるで駄目。

PJ到着後、早速取り付けて各油脂類が落ち着いたので早速、田んぼストレートへ。

「空気の流れる音がFCRと全然違う」

「低〜中〜高の繋がりにギクシャクが全くない」

「鈍感な人でも全域でパワー、トルクが確実に上がっているのが分かるくらい向上している」

「オーバーホールやメンテナンスが楽そうだし、ヴァイタルさんのアフターも良さそう」 です。

今回はFCRとの比較が出来ましたがFCRは高速型でセッティングパーツ(ニードル、ジェット)を

大量に抱えていないとベストは出ません。2本引きワイヤーも感覚的にレスポンス不足に感じる要因です。

「軽量フライホイール、点火進角加工」

こちらは同時に装着したので双方合わせたインプレになりますが、感覚として「軽量フライホイール、

点火進角加工」する前って後ろに誰か乗ってた?というほど軽いんです。アクセルをラフに開けても、

ツキが良くて車輌の重さを感じないんです。

 「あ、これがXRを常勝させている秘密なんだ! この仕様はどのフィールドでも面白い!

 もう笑うしかないです。 これを求めてたんですよ!楽しくて、楽しくて、しょうがない!

 ヴァイタルさんの知識と熱意があるので、20年前のバイクでも安心して楽しめます。」
   

                                       しのっち

------------------------------------------------------------


#76はその当時当店にてチューンしたFTR250です。

------------------------------------------------------------


FTR250ノーマル加速ポンプ付きPJキャブは今から考えればなかなか優等生で良いキャブでしたねぇ〜

早くより生廃になり残念な限りです。

------------------------------------------------------------

キック式FTR250に朗報!?

重いバッテリーを外しコンデンサーに入れ替えるだけでバッテリーレスに出来ます。

勿論 外したパーツは廃棄せず大事に保管しておいてください。

バッテリーレス コンデンサーユニット

・・・商品価格¥10.780‐ 税込価格¥11.319‐ ⇒生廃終了

ゴソウダンパーツに入りましたので在庫が無くなり次第生廃となります、ご容赦下さい。

------------------------------------------------------------

また 電装&ユニットに生廃パーツが出ていますので新品パーツでの現状復旧は難しくなっています。

逆車ME06などの電装ユニットの総入れ替えで費用は掛かりますがバッテリーレスに出来ます、

ご相談下さい。


FTR250Gのホンダ純正マニュアルの品番は60KS500です、最寄のホンダドリーム店で御願い致します。

コピー対応になりますので随分高い(¥10.000前後?)とは思います 納期は3週間〜2ヶ月?。

------------------------------------------------------------


最近問い合わせが多いので下記↓条件のみPJキャブの販売を致します。

残り僅か


FTR250にボルトオンにする為のアタッチメント加工が出来ませんので

外寸はMD30と同じアタッチメント仕様です、エア吸入口径はФ54で 全長は112mmです。

ハイスロキット、アクセルワイヤー、キャブのセット(セッティングマニュアル付き)です。

ノーマルFTR250でもセッティングOK,アイドリング、エアスクリュの設定のみです。


○FTR250用PJ36キャブキット:パワーフィルター用ジョイント口径Ф54(受注生産)

・・・商品価格¥59.800‐ 税込価格(8%)¥64.584-(最新価格)

○またノーマルエアクリーナーBOX(コネクティングチューブ)にボルトオンのアタッチメント

付きPJ36キャブキットの場合は(受注生産)

・・・商品価格¥62.950‐ 税込価格(8%)¥67.986‐(最新価格)

       ※ PJキャブにフライホイル超軽量を同時に行うと より一層素晴らしい加速を体感出来ます。
       フライホイルを外し送ってください。

       ・フライホイル軽量(約2割軽量)・・・商品価格¥9.000‐ 税込価格¥9.450‐
       ・フライホイル超軽量(約4割軽量)・・・商品価格¥18.000‐ 税込価格¥18.900‐

       納期は当店にフライホイルが届いて平日ですと2〜3日見てください。

       フライホイルを外す工具プーラーが必要な方に・・・商品価格¥1.500‐ 税込価格¥1.575‐


ノーマルエアクリーナーBOXを外しK&Nのエアフィルター取り付け推奨。

参考資料として下記↓にK&Nのエアフィルターを添付しておきます(アクティブカタログより抜粋)

------------------------------------------------------------


当店オーバーホール及び”通勤快足セット”依頼のFTR250

------------------------------------------------------------

スチール製ギザギザステップセット

当時は細かいパーツなど考えていなかったのですが 気にはなっていた長く張り出したゴムのステップ。

雨の日などは良く滑ったものです、またその長さゆえ脛を打って痛い思いもしました。今になってスチール製の

ギザギザステップに変えられないものか・・・ 有りましたが3セットのみの販売です。勿論ノーマルにボルトオン。


ノーマル長87mmに対し 63mmとショートタイプ

スチール製ギザギザステップセット

・・・商品価格¥5.650‐ 税込価格(8%)¥6.102‐

H27 3月16日現在 生廃 ひとまず終了

只今代替考案中


つい最近までFTR250のインマニはメーカー在庫が有ったのですが遂に生廃となってしまいました、熱が常に

加わる部分だけにゴムの硬化は必ずやってきます。キャブの脱着や交換などで割れたりするケースも聞きます。

この度ユーザーの要望で車両持込で当店のPJ36を取り付け方々 インマニをワンオフ製作した例をご紹介します。

吊るしで売っているわけではありませんのでご了解のほどよろしく御願い致します。

どうしてもお困りの場合のみご相談にのります。(この度の制作費¥15.000‐税別)⇒終了

FTR250はキック1ストロークでクランクをあまり回さないので始動性が沸悪く 良くケッチンが来ます。

その1ストロークでたくさんクランクを回す対策ギアセットがありますのでここでご紹介致します。

FTR250用対策キックギアセット・・・税込価格¥10.447‐(税抜\9.950‐)⇒生廃終了

※いつでも在庫が有るわけでは無いので事前に問い合わせ下さい。

------------------------------------------------------------

FTR250の電装パーツも生廃が多くなってきており 特にC.D.Iが飛んでしまうとお手上げ状態です、

キック式ですとME06系の電装に総入れ替えすれば(フライホイル、ステータコイル、カバーASSYを含む)

バッテリーレスに出来てメンテナンスフリーに出来ますが大変費用が掛かります。しかし その電装も今なら

出来るお話ですが状況はダイブ寒いのは確かです。


戻る