t-toha

Bulletin Board

このコーナーはひとまず新しい様々な事をここでまとめて紹介しようと思い新設いたしました。

一定時間の後に各コーナーに振り分け記載しようと思います。

ココで紹介した過去のリンクで飛ばした項目は末尾にまとめました、御覧下さい。


=お知らせ=

H26 10 / 18

本日をもちまして

通信販売でのエンジン単品を送って来られるオーバーホール及び

エンジンチューニング、キャブレター販売の業務を一時休止

したいと思いますのでよろしく御願い致します。

パソコンが普及する以前の業務形態に戻したく決断致しました 車両持込での作業を原則と致します。

ただ 以前に当店に依頼された経験のあるユーザーは通常通り行いますのでよろしく御願い致します。

依頼内容によっては例外もありますので問い合わせ下さい。

以上 よろしく御願い致します。

作業終了後 外したパーツ(車両も含む)などの預かり期限は1ヶ月までとさせて頂きます。その後連絡が無い場合は無条件に廃棄しますのでよろしく御願い致します。廃棄後のクレームなどは一切受け付けませんのでご留意下さい。


ゴソウダンパーツ情報 H28 12/18 更新


ここから↓本題

下記↓車両に引き続き 今年第四段 特選委託中古車

CRF150F キック仕様

5月13日(土) ユーザーさんの意向により値下げ致しました。

=売約済み=

------------------------------------------------------------

下記↓車両に引き続き 今年第三段 特選委託中古車

‘98 XR400Rw 国内限定車(エンデューロレーサー)

=商談中=

1998年に国内レーサーとして限定200台販売されたXR400Rです。

HRCフルキット組込済み

USED その2 にアップしました。

現オーナーさん:大事に乗って頂ける方に

------------------------------------------------------------

皆さんすでにご存知の方も多いと思いますが近々第二弾の排ガス規制が施行されることとなった。

現行の機種は徐々にリセットされていくようだ。XRで言えば1996年から規制をされ早21年、

ほとんど無策のまま来ています。それに追い討ちをかけるように更に規制。

昭和の終わりにオイルショックや初の排気ガス規制がクルマに適用され需要が多いクルマ業界でも

排ガスをクリアしつつ今まで以上の性能に達するまで十年以上の歳月を要した。

まして右肩下がりをたどっているバイク業界では開発する予算も掛けられず「負のスパイラル」で

現在に至る。売れるものには投資も出来るが売れないものにお金は掛けれないのだ。

正直ノーマルMD30でも走らないのに 次に出てくるモデルはよっぽど・・・ 到底期待は出来はずも無い。

案の定 間のモデルCRF−Lはまったく手をつける気にはならなかった。

それをいち早く察知したユーザーや業者はオークションなどを見る限り まだ面白みがあるMD30などに

目が戻り 相場が上がりつつある。

バブルの頃から言えばここ十年の販売台数は十分の一に満たないのが実状です。

皆さんが思っているより遥かに国内を走っているXRは少ないのです。

ただメーカーにとっての救いなのは近年のユーザーは草食系が増殖しておりCRF-Lでも「よく走る」と思って

乗っているそうだ。要は動けば良くて性能を問わない世代が増えてきているのだ。

人には闘争本能や向上心が標準で備わっていると思ったが彼らの辞書にはその文字は載っていないようだ。

私は「十年以上前から今後面白いバイクは出て来ないので今のXRを大事に乗っていきましょう」と言ってきた。

その効果か今年から来店するユーザーの口からそれを多く聞くようになったのはちょっと遅いけど良い事だ。

上がりつつあるXR(ベース車:3型以降)を高値になる前に早くGetしておいた方が良いでしょう。

MD30の最終型で2007年 生産終了後早10年経ちましたが

チューニングするにも多少制限が掛かってきていますがまだ間に合います。

遊びの要素が多いバイクなので楽しまなきゃ。

今はピンと来ないと思いますが時間が経過するにつれXRは“名車”と呼ばれるようになるのは間違いないでしょう。

注)XR(MD30)はXRでも逆車(ME08)とは違います、ME08はすでに“名車”です。


=蛇足=

MD30用の“男のクロス”・・・生廃 残り僅かで終了

XR400R用“クロスミッション”・・・生廃 残り僅かで終了

PJ38.3用ハイカッタウェイスロットルバルブ・・・生廃終了

MD30用リミッター解除キット・・・生廃 残り僅かで終了

MD30用クラッチ改善キット・・・生廃 残り僅かで終了

MD30用マニュアルデコンプヘッドカバー・・・生廃 残り僅かで終了

デルタプロリンク専用リアショック・・・生廃の足音

------------ and -----------


上映像↑ 
は生廃 は在庫有り


PJキャブがこの世に出て年、これ以上の高性能キャブはもうありませんし 今後出てきません。

現在所有されているユーザーさんを対象に 今後末永く性能を維持するための

オーバーホールで必要なパーツでまだ揃えられるもの集めをリペアキットとして販売致します。

@ガスケットキット Aスターターバルブ Bエアスクリュセット


上映像↑はPJ36用です。

            PJ34をお持ちの方に ・・・¥6.740- 税込価格(8%)¥7.292-

            PJ36をお持ちの方に ・・・¥6.680- 税込価格(8%)¥7.214-

            PJ38.3パワージェット無しをお持ちの方に ・・・¥7.010- 税込価格(8%)¥7.570-

            なお フロートバルブ(3種共用) ・・・¥2.880- 税込価格(8%)¥3.110-

               ドレン0-リング(3種共用) ・・・¥350- 税込価格(8%)¥378-

            PJ36用アクセルワイヤー ・・・従来品⇒生廃 
            ↑ 〃 代替品・・・¥2.190- 税込価格(8%)¥2.358-
(在庫が無くなり次第終了)

注)スロットルバルブ、スプリング、フロートチャンバー、クロスオーバーフローチューブはすでに生廃です。

------------------------------------------------------------

下記↓車両に引き続き 今年第二段 特選委託中古車

悲しいお知らせです、長きに渡りお付き合いしている常連さんが後生大事にされていたXR400Rを手放される

事になりました。

ココまでコツコツ作り上げたお気に入りマシンを手放すと 今後二度とこういうバイクには載れない事を

充分承知していたので ユーザーさんは悩みに悩んだ苦渋の選択 遂に決断されました。

私のXR400R(呼称:バケモノ)並に手が入ったXR400Rです。

詳細は後日

----------- - ----------- - ----------- - ----------- - ----

=売約済み=

有難う御座いました。



オーナーさん曰く 「とにかく速いです」

もうこんな400はウチでも出てこないでしょう。

------------------------------------------------------------

特選委託中古車

XR250 モタード 5型

なかなかの上物です。

------------------------------------------------------------

=XR400R 更に安心武装=

私の整備経験ではXR400Rでカムチェーンテンショナーがボケるという事例が3件ありました。

ココでボケるという内容は構造上ワンウェイですがストッパーが効かなくなる事を言います。

カムチェーンテンショナーはバルタイを保つ重要な役割が有ります。

そして外品のエキパイを装着する場合 ノーマルテンショナーの厚さが邪魔になる事も・・・

早速 対策を考えなくては!

そこで押し出すレートが高く薄型のテンショナーの紹介です。

 


XR400R用強化カムチェーンテンショナー ・・・¥5.500- 税込価格(8%)¥5.940-

------------------------------------------------------------

完売御礼

先回一瞬で売り切れてしまいましたミリテックグリス第二段、小分けのお知らせ


ミリテックグリスは以前にもお知らせしましたが国内での販売は残念ながらありません。

本国より取り寄せ お店で使っていますが「こりゃ〜良い」

主な効能としてはGoodsの紹介で見て欲しいのですが

今までは目的別、用途別に数種類のグリスを使い分けしてきましたがほとんどがコレ一つで使えるほど

使用範囲は広いです。ベアリングのグリスアップやシャフトに塗付 ネジかじり防止 オイルシール

リアリンクなどバイクのほとんどの部位には適合します。そして「飛び難い」のも好都合。

今まで小分けでお店で使ってきたのも無くなり 新たに新しいモノを開封しました。

このミリテックグリスは業務用のように一つが大きいのが玉に傷 仕事に使っていても1本で一生分

ありそうなぐらい。そこで丁度良さそうな容器が見つかりましたので1本を分けてみました。

以前は内容量:70ml 50g でしたが 今回は81ml 68gと容量はアップしました。

一本で6ケース取れました。

容量:81ml 68g・・・¥1.850- 税込価格(8%)¥1.998-
※この商品はメール便は使えません。6ヶ売り切り

よろしければ是非お試し下さい。

------------------------------------------------------------

兼ねてよりMD30のシフトペダルのつくりに疑問を感じていた。

下映像↓を見て下さい。

シフトペダルの取り付け位置のセオリーはステップと水平が基本です。

その位置で取り付けるとシフトダウン時に上映像↑のようにフレームに当たる車両が多いです。

個体差もあるのでシフトの入りに影響が出るものもあります。

人により好みがあるので前後ワンノッチずらせる余裕は欲しいものです。

そこでGOODSで紹介しています「MD30用ローレット入りシフトペダル」を取り付けると

逃げが有りますのでその調整が可能になります。


↓ 拡大

ノーマル位置

乗っていて不具合を感じているユーザーさん対策出来ますよ〜。

詳細はGOODS Part-15へ

------------------------------------------------------------

私のお気に入りXR400RにA−LOOPを付けてみた。

CR80RA レストア完了

------------------------------------------------------------

=まるっと余談=

ちょっとオトナゲ無い反則技“Air Charger System”があるがXR400R用は一味違う。

勿論250とは違い大きな排気量に対応する為 ハイパワーなブロアがセットされる。

安易にボルトオンするだけで10%パワーアップすると仮定して250ベース(28PS)に入れるのと

400(40PS)に入れるのとは言うまでも無く強力に違いない。

そんな中 私のXR400Rには以前パワージェット付きPJ38.3を装着していたが

よりハイレスポンスにする為 短いインマニに入替える時パワージェット無しのPJ38.3に入替えた。

勿論スロットルバルブはハイカッタウェイに交換済み。

それに“Air Charger System”を追加装備した、結果予想外の効果に驚いた。

そこである事を思いついた。

“Air Charger System”作動時にパワージェットを連動させればもっと大きな成果が出るに違いない。

そこで外したパワージェット付きPJ38.3を捜すがこう言う時に限って出て来ない。

そんな時にウチのユーザーさんの400が入ってきた。その構想を話したら「自分のに付けて欲しい」

と言う事になって(このユーザーさんにはパワージェット付き) 不本意ながら付ける事になった。

タダでさえスイッチオンと同時に強烈に後ろから押し続けられる感覚なのに

コレに加えちょっとリッチな燃料を追い込んでやると・・・

納車後すぐに連絡が入った、「コレすごいっすねぇ〜」と。

“Air Charger System”+パワージェット 反則的アイテムとなった。

------------------------------------------------------------

H28 10月 11日

永らくご無沙汰して申し訳有りません、ホームページ更新再開します。

その間 やはり様々な環境の変化が起こってきています。

まずはゴソウダンパーツが増殖。

150、200,230系 250系 400系 それぞれ“パーツ生廃”という魔の手が忍び寄ってきています。

250、400は2004に車両生産終了 もう12年経ったんですね〜。

現時点で“地上最強のXR”を製作するにあたり フルに腕をふるえる台数は「選ばれし数人」

となってきたようです。

ただの道具としてバイクを乗っているユーザーにはウチは何の協力も出来ません。

唯一無二のオリジナルバイクを持ち 走りにおいても所有においても色褪せない面白さ、価値観を

求めるユーザーさんに応えてきました。

今でも「レースをやるわけではないので・・・」と前置きをするユーザーさんも相変わらず居ます。

以前からこのホームページで述べていますように我がヴァイタルでレースに使ってきたマシンに

ナンバーが付けられるとすれば フツ〜に通勤やゲタに使える乗り易さです。

勿論 すでにウチで施工された方や試乗車に乗られた方はこのような事をを言われる方は居られないでしょう。

チューニング車に対する悪しく付きまとうイメージは今も昔も変わらないようです。

「本当にそうなのか」「どんなものなのか」と一歩踏み込んだ賢者のみがその世界を体感出来るのです。

石橋を自ら叩き壊し渡れなくするピーポーが増殖する中 全国には向上心や好奇心がある賢者は居るものです。

現に今のウチの仕事の6割はリピーターで占めています、一度コレに乗ってしまうと他が乗れなくなってしまった

というユーザーさんばかりです。今後良いバイクは出ないだろうといって早10年・・・

そう言う目で見ていた人はバイク業界の流れに気付かれて XRに本腰を入れるユーザーさんも増えました。

しかしもう流石に一段落の気配のようです。それが今丁度良いバランスの気がします。

需要と供給の関係が。

近々「迫り来る生廃」の情報などアップしますのでよろしく御願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

随分間があきましたが不定期共同制作アイテム、ショートバックミラーに続いて本年第二段

ハンドルダンパー “Shock mitigation system”のオーダーを開始致します。

------------ 下記↓説明 -----------

=受付終了有難う御座いました=

Shock mitigation systemが一段落しましたら

次はオーバークーリングシュラウドの製作を致しますのでお楽しみに。

ユーザーさんの強い要望により期間限定オーダー予約製作する事にしました。

Shock mitigation system

10月13〜20日の1週間 予約を受け付けます。

ダンパー本体のカラーは基本ゴールドになりますのでご留意下さい。

ゴールドがメーカー在庫切れの場合 他の色になる場合があります。

商品説明

Shock mitigation system レンサル7/8"ハンドルバー♯966-05用(ゴールドボディ)

・・・¥18.000- 税込価格(8%)¥19.440-

オーダーのシステム:申し込みはメールで御願い致します。メール発注後 送金依頼の返信メールを送ります。

前金制ですので 着金確認後正式注文となりますのでご注意、了承下さい。

デリバリーは〆切り後7〜10日後予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日オーバーホールのリピーターユーザーの依頼があった。

今回組み直すにあたり大まかな指定が有り その中でカムシャフトのWPC加工があった。

「関東の○○と言う業者にWPC加工を出して欲しい」と言う事だった。

ウチでも様々な業者に施工してもらい その中でも一番良い仕上げをするところを選んで紹介している。

そんな状態なのでユーザーさん個人で依頼してもらい出来上がったものを持ち組んで欲しいと御願いした。

そしてソレを持って来られた。

上が当店がお任せしているもので 下のカムシャフトが持ち込まれたものです。

持ち込まれたカムシャフトは一種類の施工で仕上げられているのが良く分かる、それも結構粗め。

ウチが選んだ業者は唯一使われる目的に応じ粒子を使い分けて施工されているので選んでいます。

部分部分によってマスキングをして作業を行うのは非常に手間が掛かります。

同じ加工でもココまでの配慮がなされているのです。

自分で選んだ事なので納得はいくでしょうがウチとしては非常に残念でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新設:オーバーホールの薦め

ショートミラーの製作が一段落しましたら “オーバークーリングシュラウド”
“Shock mitigation system”(ハンドルダンパー)の製作予定有り
改めてココにて表記しますのでお楽しみに

=ゴソウダンパーツ情報=

H28 5月 現在

・XR400系用の強化シフトカム

・MD30倒立用ケブラーブレーキホース

・250系マニュアルデコンプ付きヘッドカバー

・アルテックボルト(色:赤、銀、青) ⇒ 1台分は揃いません

・MD22・ME06系に流用出来る純正カムシャフトは生廃となりました

・MD22・ME06系用強化オイルポンプ

いずれご入り用の方はお早めに・・・

------------------------------------------------------------

↑上記に続きゴソウダンパーツのお知らせです。

当店で採用している270ccピストンキットのオプション 軽量ピストンピンが残り僅かになりました。


軽量型ピストンピン:54g    従来型:60g

当店にて組み込みのユーザーさん ご要望の場合は申し出下さい。

------------------------------------------------------------

お世話になっているマフラー屋さんからオリジナルマフラーが出来たとの事。

ヴァイタルオリジナルマフラー亡き後 お勧め出来得るマフラー性能なのだろうか?

検証してみた。

------------------------------------------------------------

ヴァイタルDVD ダイジェスト試聴版

当店のファクトリーマシンRVF250 400Rなど どれほど走るのかは見て頂くのが一番です。

XRを極めればスプリントレースでも通用出来る証です。

You Tobe に ヴァイタルDVDのダイジェスト版をアップ致しました。

本来ここに貼り付けるべきですが今はそれが出来ません、近いうちにアップします。

まずは御覧下さい、もっと見たい方はDVD買ってね。


http://www.youtube.com/watch?v=KVoWNsMMVCg&feature=player_embedded



=緊急告知=

当店にオーバーホールで入庫してきたエンジンに付いていたものです。

当店で言う“オリフィスボルト”です、オーナーさんに聞くとオークションで購入したという事でした。

このクラスまでオイルポートを拡大されたものは さすがにドライサンプでオイルラインが強力とは言え

クランク及びピストンに圧送している油圧が低下し 致命的なダメージを与える可能性が非常に高いモノです。

オイルポートは大きければ良いものではなく メーカー側の設計でもバランスを考えて作られています。

当店のオリフィスボルト製作時に得たデータですので間違い無いです、ご注意を。

------------------------------------------------------------

久々ユーザーインプレです、この方はMD30 6万キロノーマルオーバーホールの状態で”通勤快足”

ダイレクトイグニッションシステム、ヴァイタルオリジナルヘッダース&Powerd Muffler Mk.U、セルレスに

なっていたものです。プラグが付いた状態でもクランクがスルスル回るほど圧縮が無い状態でした。

しかし 流石!ドライサンプ ME06系なら6万キロノーオーバーホールならクランクやケースは

無事では有りませんが MD30系は強いですねぇ〜 いきなり 我が試乗車“シュラウド佐西号”越え仕様です。


田口さん、いよいよ暑くなりましたが元気ですか?

オーバーホールを兼ねて、270ccハイコンプ化・HOTカム・ポート研磨・マニュアルデコンプ・アーシングシステムと、

一気にお願いしたFです。500kmの慣らしを終えて、徐々にアクセルを開けだしているところです。

受け取りにいったその日、修理前に入れたままのレギュラーガソリンで自宅までトコトコと帰っていましたが、

すごい振動で、これがハイコンプか!と感じ、今まではすかすか状態で乗っていたことを痛感しました。

その後3分の2をハイオクにしたら振動は収まり、スムーズな回転を感じています。

しかし低速からのトルク感、全域のパンチ力はさすが270cc、ハイコンプピストンに変わったんだなと嬉しくなりました。

慣らし中は自重して回転を上げないよう心がけましたが、低速からぐいぐい押し出すような加速があるだけに、

アクセルを戻したりクラッチを握るのに勇気がいりました。

500キロを走り終えて、エンジンオイルを交換しました。廃油が、金属の微粒子が混じっているのがわかるくらい

濁っていました。あれほど金属粉が出るとは思っても見ないことで、若干不安になりましたが、異常はないですよね?

(異常では有りません ギラギラと銀粉が見えます)

オイルを替えて少しずつ回転を上げているところですが、HOTカムのおかげで低速から高速まで谷間のない加速が

続きます。これまでは、シリンダーの段付き摩耗でスカスカの圧縮を回転で走らせていただけに、各回転域で

確実な爆発とトルクを感じます。特に低回転域でのトルクは有り難いです。今までの走り方に戻った時、

おそらくギアが一つ上で、回転を押さえて走ることが出来るでしょう。必然的に燃費も良くなるんじゃないかな?

依頼する前は、オーバーホールで圧縮が上がれば、パンチ力が上がり、ボアアップでトルクが増すと言われていた

ので、暴れ馬的な性能アップを考えていました。慣らしを終えての感想は、今まで足りなかったトルクやパンチ力を

得たことで、かえってどの回転域からも無造作に加速でき、扱いやすいエンジンに変わっています。

それと、今回の修理で感じたのですが、減速時の「パンパン」と言う音が無くなりました。

メインジェットの番手、上がりました?でなければまだ極端なエンジンブレーキをしていないせいかな?

次に始動ですが、圧縮が戻ったことで格段に始動しやすくなりました。マニュアルデコンプで圧縮上死点は

出しやすくなったし、アーシングで火が強くなっているのも相乗効果になっていると思います。

逆に、圧縮が上がったおかげで、ケッチンがきついです。

シュラウド佐西号のエンジン部分に肉薄した訳ですが、結局、乗りやすい方向へ改良を加えているというのが

Vitalチューンな訳ですね。フライホイールの超軽量・A・I解除からはじめて今に至るまで、本来の

エンデューロレーサー・XRの目指す理念(誰でもが楽に速く走れる、楽しく走れる)に近づけることなんだな、

と気づきはじめました。

やはり良いバイクですねXRは。乗れる限り乗っていこうと思いますので、

60歳定年なんて言わずに、門戸を開いていてください。

有難う御座いました、まだまだチューニングはこれからです。財布には痛いですが楽しみな可能性が

無限大に広がって行くのです、思わずヘルメットの中で“ニヤッ”としてしまいます、楽しんでやって下さい。

------------------------------------------------------------

最終モデルPowerd Muffler Mk.W 販売終了

そして インプレ


完売御礼 永い間のご愛顧有難う御座いました。

=オーダーストップ 締め切りです=

これをもちましてオリジナルヘッダースの生産は最終とさせて頂きます。

永らくのご愛顧有難う御座いました。

マフラーだけでは当店の狙う性能が出ませんのでヘッダースの予約も始めようと思います。

ただしヘッダースは従来通り共同制作と言う事で1ロッド20本ですが15本に達した時点での製作開始となります。

ヴァイタルオリジナルヘッダース

商品価格¥35.000‐ 税込価格(8%)¥37.800‐

製作開始と同時に入金依頼メールを送ります。

↑上記マフラー同様 予約後のキャンセルはご勘弁下さい。

※商品説明につきましてはGOODSのコーナーをご覧下さい。

=予約状況=

 bO1  bO2  bO3  bO4  bO5  bO6  bO7  bO8  bO9  bP0
  ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●
 bP1  bP2  bP3  bP4  bP5  bP6  bP7  bP8  bP9  bQ0
  ●   ●   ●   ●   ●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今までチューニング依頼があって最終セッティングの折 社外品の排気系装着の場合

非常に残念だと思う事が多い。パワーユニットが同じ仕様でパワーフィーリングが

思うように発揮されていないモノが何と多い事か。

最終 エンジンを活かすも殺すも排気で決まる、これは事実です。


=急告“改”=

当店ヘッダースの公募を開始してココまで時間が掛かった事は初めてです。あと1本と言う段階まで来ましたが足踏み状態でしたが本日オーダーが入り15本となりました、本日を持って〆切らせて頂きます。XRも生産が終了して10年を越えパーツにもゴソウダンパーツが多く含まれてくるようになって来ている現状ですので新規で車両購入の再 車種の選択にも入らない中途半端な対象になってきているのだと思います。

本来は20本ワンロッドで作りますので残り5本が出てきます。その余剰分は改正価格¥38.500‐(税別)で販売致しますのでよろしく御願い致します。
詳しい納期が決まり次第この“Bulletin Board”にて告知しますのでよろしく御願い致します。
勿論今オーダーされているユーザーさんには個別に連絡しますのでご心配なく。

完売御礼 有難う御座いました。


この“Bulletin Board”で過去のリンクで飛ばした項目はココをクリック

戻る